土佐のやきもの

尾戸焼(おどやき)(おどやき) 能茶山(のうさやま)

高知市鴨部(かもべ)能茶山(のうさやま)の裾野に今も伝統の炎を燃やし続ける『 尾戸焼(おどやき) 』は承応2年(1653年)土佐二代藩主 山内忠義侯が、家老 野中兼山の献策を用い国内産業振興の一環として、大阪高津の人 久野正伯を招き、高知城下北側 小津尾戸の地に窯を築いたのに始まります。
文政3年(1820年)尾戸より能茶山に移窯、藩窯として御趣向石焼(ごしゅこういしやき)と陶窯による製陶が発展していきました。
土の炎の無限の創造性と、伝統を受け継ぐ陶工の掌(たなごころ)が素朴で優しい「うつわ」を現代(いま)に伝えています。

尾戸焼・谷窯 (谷製陶所)
周りには数百年を経た緑豊かな大樹、竹林に囲まれて、焼成時には紫煙たなびく自然の中で、茶陶や湯呑 ・茶碗 ・片口 ・行平 等が生まれています。
生活に密着した、使い心地のいい素朴な民芸品として、広く皆様方に好評を頂いております。
谷製陶所・作陶写真
写真・谷製陶所作品 写真・谷製陶所作品 写真・谷製陶所作品

〜作品紹介〜
珈琲碗皿 ・ 穴あき盃・剣千代口 ・ 穴あきビアカップ・酒コップ
  
  メニューへボタン植野陶器店-トップページ

ネットショップのいいストアー覆面調査隊